コンテンツの5つの未来予測

1年を振り返る

コンテンツはデジタルな世界の原動力であり、顧客との主な接点にもなっています。ウェブページ、製品情報、SNSの投稿、Eメールなど、今やすべてのタッチポイントでコンテンツが重要な役割を果たしています。 

2018年初頭、SDLはコンテンツの未来について5つの予測を立てました。 

  1. コンテンツの自動管理:機械学習(ML)と人工知能(AI)の登場でフルコンテンツタクソノミーが可能になり、コンテンツの検索性が向上する。 
  2. コンテンツのアジャイル化:AIによりコンテンツの作成と構造化が加速し、コンテンツは機械処理可能な構造になっていく。 
  3. コンテンツのセキュリティが重要:データのセキュリティを確保するため、企業はオンプレミス型のテクノロジーを導入し、グローバルなコンテンツサプライチェーンを自動化していく。 
  4. コンテンツの自動作成:MLとAIによって既存コンテンツから派生コンテンツを自動作成できるようになり、ユーザーは自分に最適なコンテンツを楽しめるようになる。 
  5. コンテンツは最強の営業力:ブランドは販売ツールとしてグローバルコンテンツを重視。コンテンツの作成、翻訳、配信の予算を増やしていく。 

当時、これらの予測は非現実的と思われていました。しかし、SDLはテクノロジーをさらに進化させ、顧客ニーズに取り組み続けました。その結果、予測のほとんどが現実のものとなったのです。 

eBookで詳細をご覧ください! 

2019年版eBookでは、コンテンツが消費者に与える影響について予測します!

続きをお読みになるには、フォームにご記入ください